堕天使のパスポート

監督:スティーヴン・フリアーズ


生年月日:1941年6月20日
出身地:イギリス/レスター
職業:映画監督


医者の父を持ち、ケンブリッジ大学で法律を学んだが、1963年よりロイヤル・コート劇団に加わり演出助手などを担当していた。
1972年に「Gunshoe」で監督デビューを果たし、その直後、英国BBC放送で「黄昏に咲いて」などの多くの番組を手掛けた。
1985年にもともとテレビ用映画として監督した「マイ・ビューティフル・ランドレッド」が劇場で公開されて大ヒットを記録。劇場用映画監督としても認められるようになり、「危険な関係」などの大作を任されるようになる。
1999年、「ハイロー・カントリー」で第49回ベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)を受賞。「危険な関係」では、第15回セザール賞、最優秀外国映画賞を受賞した。
1990年「グリフターズ/詐欺師たち」、2006年「クィーン」でアカデミー監督賞に2度ノミネートされている。


作品


『マイ・ビューティフル・ランドレット』(1985)
『プリック・アップ』(1987)
『危険な関係』(1988)
『グリフターズ/詐欺師たち』(1990)
『靴をなくした天使』(1992)
『スナッパー』(1993)
『ジキル&ハイド』(1996)
『ハイロー・カントリー』(1998)
『ハイ・フィデリティ』(2000)
『がんばれ、リアム』(2000)
『堕天使のパスポート』(2002)
『ヘンダーソン夫人の贈り物』(2005)
『クィーン』(2006)
『わたしの可愛い人 シェリ』(2009)

おすすめ情報